化粧下地を忘れた時の対処法とスキンケアの重要性

化粧のノリを良くして綺麗に仕上げるには化粧下地が不可欠ですが、うっかり忘れてしまうことも珍しくありません。外出先で化粧直しをする際に忘れたことに気が付いても、どうしたら良いのかが分からずに困ってしまうケースもあります。

肌へのダメージが大きくなるので、できるだけ化粧下地は常備しておきたいものです。万が一の事態に陥った際の対処法やスキンケアがいかに重要であるかを学びましょう。

化粧下地とは何か

化粧下地はプライマーとも呼ばれる、最初に肌へ塗り込む化粧品です。化粧下地の名前の通り、他の化粧品のノリを良くするための下地を作る効果があります。一般的なイメージとしてファンデーションがありますが、実際は化粧下地とファンデーションはまったくの別物です。

ファンデーションは肌の色合いを強調する効果があるのに対し、化粧下地は肌の凹凸を塞いで滑らかに保つ目的で使われます。絶対に使わなければいけない物ではありませんが、化粧下地を使うことで自然な質感に仕上げることが可能です。

化粧下地の形態は水に近い液体から粘り気の強いジェル、肌にしっとりと馴染む乳液など様々です。いずれも特徴が異なり、仕上がりにも違いがあります。

化粧下地を使うメリット

化粧下地は絶対に必要な物ではありませんが、使うかどうかで化粧の仕上がりが大きく変わる事実は否定できません。これは化粧下地によって肌の表面が滑らかになり、化粧の塗りムラが無くなるのが理由です。化粧の仕上がりが悪く見えるのは塗りムラが生じるためです。

部分ごとに化粧の厚みが異なり、微小な凹凸が発生します。この凹凸が影を作ってしまい、結果として見栄えが悪くなってしまうのです。化粧の塗りムラをもたらすのは肌の凹凸なので、化粧下地を使った前処理が効果的な対処法になります。

また、化粧下地で肌全体をカバーすることにより、紫外線など外部からの刺激を軽減できるのもメリットのひとつです。

専用の化粧品には及ばないものの、肌全体を均一に守ることができます。化粧下地の特徴を活かしたノーファンデメイクを実行できるのもメリットのひとつと言えます。ファンデーションを使えば肌の色を活かした化粧をすることができますが、同時に肌への負担も大きくなる問題は無視できません。

ファンデーションによって毛穴が詰まり、肌荒れに見舞われることがあるのです。敏感肌の人はファンデーションによってかぶれなどのトラブルに見舞われることがあり、そのような理由から化粧下地だけを使ったノーファンデメイクが注目されています。

肌への負担が少ないのが魅力ですが、その一方で空気中の埃や紫外線などの刺激には弱いデメリットもあるので、予めスキンケアには十分に気を配らなければいけません。

化粧下地を選ぶ際のポイント

化粧を綺麗に仕上げることができる化粧下地は様々な製品が売られています。それぞれ特徴が異なるので、化粧の目的や肌質に合わせて選ぶのが満足できる結果を得るためのポイントです。液状の化粧下地はリキッドタイプと呼ばれ、汎用性の高さから人気があります。

肌のコンディションや化粧の目的を問わず、安定した仕上がりを保つことができます。そのため、初めて化粧下地を使う場合はリキッドタイプの製品を選ぶのが正解と言っても過言ではありません。

もちろん、製品ごとに含有成分の割合が違うので、最適な一品を選ぶなら使いやすさや肌へ影響など様々な事柄を踏まえて複数の製品を比較する必要があります。クリームタイプの化粧下地は油分を多く含んでいるので保湿性が高く、外部からの刺激を軽減させる効果もあります。

粘度が高いので剥がれにくく、化粧崩れも起きにくいのが特徴です。

そのため、汗をかきやすい高温の場所など肌のコンディションを良好に保つのが難しい場所での使用に便利と言えます。

また、油分が皮膜を形成するのでしもやけなどの肌トラブルが生じている部分を保護するのに最適です。低刺激なものを選ぶ必要はありますが、肌に傷みが生じていても化粧を楽しめるのはクリームタイプならではのメリットのひとつでしょう。

⇒プチプラでもしっかり保湿できる有能な化粧下地を選ぼう

万が一忘れてしまった際の対処法

化粧下地を忘れても化粧をすることは可能ですが、仕上がりにはどうしても差が生じてしまいます。最初から化粧をやり直すのが最良の方法ですが、自宅にいる時でもない限りそんな余裕はまずありません。また、肝心の化粧下地が手元に無いことも多く、どのように対処したら良いのかがわからないというケースもあります。

外出先などで化粧をやり直す必要に迫られた際、化粧下地の代用品になる物を持っていれば滑らかな仕上がりにすることが可能です。化粧下地を忘れた時に便利な物としてもっとも広く知られているのが日焼け止めクリームです。

保湿性が高く肌の凹凸を塞ぐ効果もあるので、化粧下地と同様に滑らかな仕上がりを期待できます。また、ハンドクリームも化粧下地の代用品として活用できる製品です。指先や手の肌荒れを防ぐための物なので保湿性が非常に高く、肌を滑らかにする効果も化粧下地に引けを取りません。

入手も容易なので便利ですが、製品によっては香りが強い物もあるのでその点は注意しなければいけません。

匂いを出さない無香性の製品を選ぶのが最良の方法と言えます。

スキンケアが重要な理由について

化粧を綺麗に仕上げるには肌のコンディションが常に良好であることが重要な条件になります。いくら高品質な化粧品を使っても肌にトラブルが生じていると台無しです。あかぎれや角質化などの症状によって肌に凹凸ができると化粧の塗りムラが生じ、不格好な仕上がりになってしまいます。

ファンデーションで一時的に滑らかな状態にすることはできますが、肌に大きな負担がかかってしまうのも事実です。傷んだ肌に化粧を行うことによって負担が大きくなり、症状がさらに進んでしまう可能性は否定できません。

化粧下地は肌への刺激が少ないので便利ですが、それでも傷んだ肌に適しているとは言えないのです。日頃からスキンケアの方法に気を配り、健やかな状態を保つのが化粧を楽しむ秘訣です。スキンケアは素人判断で安易にできることではありません。

人によって肌質が異なるので、最適な方法を選ばないと却って状態を悪くするおそれがあります。スキンクリニックなど肌の健康管理に詳しい医療機関で検査を受け、最適なスキンケアの方法についてアドバイスを貰うのが賢明な方法と言えます。